News ニュース

日本橋三越本店で開催される展覧会の見どころをアーティスト自ら解説!
アバターのLIVE配信で見に行こう!

2020年10 月 21日(水)より日本橋三越本店本館6階コンテンポラリーギャラリーで開催される福山一光展※1の初日に、アバターのライブ配信を実施。

無料会員登録をして頂くと、携帯やPCから作品展の見どころをライブ配信にて見ることができます。

作品の秘話や裏話など先生から伺える体験内容となっております。ぜひ、ご体験ください。 

 


◆ライブ配信実施内容

日時:2020年10月21日(水)正午(約30分予定)

アバター配置場所:日本橋三越本店 本館6階 コンテンポラリーギャラリー

※なお、展示会は2020年10 月 21日(水)-  11月 2日(月)[最終日は午後5時閉場]開催しております。

 

福山一光  Ikko Fukuyama

猊鼻渓/2020年/老灰紙・墨/40.9×24.3㎝(M6号)

税込価格176,000円/本体価格160,000円

 

※1 福山一光 略歴

1974年 岩手県生まれ

1986 年 僧籍取得

1997 年 東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻入学

2003 年 曹洞宗大本山永平寺安居 ~2004

2007 年 東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程美術専攻日本画研究領域修了

 


◆展覧会に向けて(引用:三越伊勢丹HP)

自身の思い描く画像を、より近いかたちで具現化できる方法は何だろうかと悩んでいたとき、ふと、直感的に墨での表現を試してみようと思いつきました。2010年のことです。 

以来、独自の水墨表現を目指すため、これまで勉強してきた日本画の技法を活かしつつ、試作をかさねてきました。

墨と紙との相性や水加減などの感覚を探っていくなかで、少しずつですが、自身の思い描く画像に近づくことが出来るようになってきたと感じています。

今回の展示会では、当初から継続的に取り組んでいる故郷の山なみを題材にした風景や、身近にある植物を描いた作品の他、ライフワークである夢日記帳のなかから、印象的な場面をパステルで描き起こした作品十数点ほどを、あわせて発表いたします。ご高覧いただければ幸いです。(福山一光)

 


■アバターインLIVE視聴ご利用環境(端末、ブラウザ、解像度)について

サービス検証期間中につき、以下の推奨環境からのアクセスをお願いいたします。
また通信に失敗した場合、通信環境の良い場所で再度お試し下さい。

・端末:PC、一部スマートフォン
・ブラウザ:Google Chrome
・解像度:

【PC】
WXGA+(1440 × 900)以上の画面解像度
【スマートフォン】
375 × 812 (iPhoneX,XS等)
414 × 896 (iPhone11,XS Max等)
360 × 640 (Andoroid Xperia等)
※上記推奨環境以外でご利用いただいた場合、操作の乱れや画面レイアウトが崩れる場合がございます。

 

■LIVE配信視聴方法について

【STEP 01】

LIVE配信視聴には、avatar-inへの無料会員登録が必要となります。
会員登録フォームに必要事項を入力し、会員登録してください。
会員登録はこちら

【STEP 02】

ID・パスワードを入力して、avatar-inにログインしてください。
ログインはこちら

 

【STEP 03(PC)】

 

【STEP 03(スマートフォン)】

ニュース一覧に戻る